私の家庭菜園

ここ最近いい天気が続いていましたが、ようやく雲が出てきて今朝がたには雨が降ったようです。

お洗濯物がぱりっと乾くのは嬉しいんですが、それでも晴天続きになると庭の水やりが大変で面倒だなぁと思うこともしばしば。

私は朝が弱いので夕方にあげる派なんですが、それでも毎日だと面倒なんですよね。

そんなずぼらな私ですが、うちの庭の一角には家庭菜園の畑があります。

いや、本当はそんなに大したものでもないんですけど、ブロッコリーとじゃがいもと、レタスと茄子が試験的に植えられてます。

ブロッコリーは毎日アオムシとの格闘です。

なんで彼らはとってもとっても出てくるのか、本当に困りものです。

昔はアオムシを踏み潰すことに罪悪感を感じてました。

それが今じゃあ、申し訳ないなとは思うものの、自分のブロッコリーの方が大切なので、ごめんなさいしてからぷちっとやっちゃってます。

思えば逞しくなったものですよ。

そんな家庭菜園なんですが、苺も植えてます。

ですが、地植えするには場所が足りなかったのでプランターに植えてます。

去年の冬?秋ごろに買ってきて、面倒を見ているやつなのです。

簡易温室にいれていた子たちは1月とか2月とか、寒い時期に花をつけるも、実にまではならず。

春になっても、なんとなーく実をつけることがなく、葉っぱだけがぐんぐん伸びていきました。

その反面、外に放り出したままだった実家の父が届けてくれた苺は、春になってどんどん花が咲き、立派な実をつけるようになったんです。

やっぱり植物には、その時期、その時期の旬があって、その通りに育ててやらないとダメなんだなぁと学びました。

プロの方のビニールハウスなんかは、もちろんその限りではないでしょうけどね。

取り敢えず今年旬を逃してしまった苺は、来年に向けて頑張って育てていこうと思います。

さーて、来年はたくさんの苺を食べることができるのか、今からとても楽しみです。